イチロー歯科HOME < インプラント

インプラント

インプラントインプラントは第2の永久歯と呼ばれる程、天然歯に近い治療法です。
歯のない方、入れ歯やブリッジでお困りの方にお勧めです!

治療内容

対象 歯のない部分
来院回数 最低5回(症状により)
来院期間 3か月〜6か月
時間 検査時30分〜60分
治療計画時30分〜60分
一次手術時60〜120分
二次手術時30分〜90分
メンテナンス30分〜60分
治療法 顎の骨にチタン製のインプラントを埋入し人工の歯を作る治療です

治療費用 1本 ¥300,000〜¥330,000
※手術とは別に、CT撮影料 約¥18,000がかかります。

インプラントとは?

インプラントとはインプラントとは人工の歯根の事で、失われた歯の場所に歯根の変わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けるのです。
インプラントは第二の永久歯と言われるほど、機能的にも見た目にも天然の歯に最も近く、インプラント治療を受けるかたが急速に増えています。
インプラント材には、骨との親和性の良いチタン合金などが使われています。

インプラントと他の治療との比較

ブリッジ

ブリッジ
メリット
  • 部位により、保険適応(奥歯は銀歯になります)
  • 装着後の違和感(装着感、わずらわしさ)が少ない
デメリット
  • 抜けた歯の隣にある健康な歯を大部分削る必要がある。
  • ブリッジと歯肉の間などは清掃しにくい。
  • 歯の抜けた部分の骨がやせる。

部分入れ歯

部分入れ歯
メリット
  • 保険適応なため、高額にならない。
  • 歯を削る部分が少ない。
  • 取り外しが利くので清掃がしやすい。
デメリット
  • 口の中に違和感がある(装着性が悪い)
  • 入れ歯に慣れるまで時間がかかる(個人差があります)
  • 個人差がありますが味覚が変わる場合があります。
  • 半年〜1年で必ずメンテナンス(リベース)の必要がある。

総入れ歯

総入れ歯
メリット
  • 保険適応なため、高額にならない。
  • 歯を削る部分が少ない。
  • 取り外しが利くので清掃がしやすい。
デメリット
  • 口の中に違和感がある(装着性が悪い)
  • 入れ歯に慣れるまで時間がかかる(個人差があります)
  • 個人差がありますが味覚が変わる場合があります。
  • 半年〜1年で必ずメンテナンス(リベース)の必要がある。

インプラント

インプラント
メリット
  • 他の歯を削る事が無い
  • 顎の骨としっかり結合し、噛み心地が良い
  • 見た目にも自分の歯と違和感が無い
デメリット
  • 保険がきかないため治療費用が高額
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 治療に3〜6ヶ月の期間が必要

比較表

 
インプラント
ブリッヂ
入れ歯
保険適応
×(保険は使えない)
他の(健康な)歯を削る
×(隣接歯を削る)
△(場合によって削る)
装着感
治療期間
△(3ヶ月〜1年以上の場合も)

清掃性

×
インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリット

インプラントのデメリット

ページTOPへ
イチロー歯科/東京都板橋区常盤台3-24-13ホワイトクロス2F