イチロー歯科HOME < 一般歯科

一般歯科

なるべく痛くない、抜かない、削らない治療

なるべく痛くなく、なるべく削らないように治療なるべく痛くなく、なるべく削らないように治療
治療に入る前にしっかりカウンセリング、治療方法についてご説明させていただきます。そしてなるべく痛くないように、なるべく削らないように、必要最小限の治療を心がけています。

麻酔は痛くない麻酔は痛くない
虫歯を治すときに、麻酔が嫌いな方も多いと思います。
イチロー歯科では、電動式の麻酔器を使用し麻酔液を入れるときの痛みを軽減しています。

まずは相談からまずは相談から
風邪などと違い、虫歯は自然に治るということはなく、放っておけば放っておくほど悪化していきます。市販の鎮痛薬などで一時的に痛みを軽減することはできますが、その間にも虫歯は進行していきます。
神経の深くまで虫歯が達してしまうと、治療は痛いものになってしまう可能性が高くなります。
痛みが出始めた、すでに痛みがある方はまずご相談ください!

こんな症状があったら虫歯の前兆です。こんな症状があったら虫歯の前兆です。
早めにご来院ください。
・歯の表面の溝が黒くなる、欠けたり、穴があく ・水や甘いものがしみる
・時々痛む
・舌でさわると引っかかった感じがする
・食べ物が同じ場所にひっかかる

ページTOPへ

虫歯のセルフチェック

C1 表面に小さな穴があいている状態です。
治療時の痛みはほとんど無く、治療も数回で済みます。
C2 表面に大木な穴があいている状態です。
治療時の痛みは少なく治療も数回で済みます。

C3 表面に大木な穴があき、神経まで達している状態です。ズキズキとした痛みがあり、治療も痛みを伴います。
C4 歯の上の部分がなくなり根っこだけが残っている状態です。通常は抜歯になるほどの状態です。
根管治療とは

根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。
深い虫歯や歯の亀裂、歯への外傷によって歯髄が細菌に感染したり、損傷したり、歯髄死になることもあります。
そのまま放っておくと、歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。
治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、早期に歯科医に診てもらうことが重要です。

根管治療の治療の流れ

根管治療の治療の流れ
【1】 深い虫歯によって、 歯髄が細菌に感染した歯

根管治療の治療の流れ
【4】 歯髄腔および根管を生物学的親和性を有する素材で充填します。
根管治療の治療の流れ
【2】 虫歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます。
根管治療の治療の流れ
【5】 修復歯を支えるための金属製またはプラスチック製の支柱またはポスト(合釘)を根管に挿入します。
根管治療の治療の流れ
【3】 リーマーやファイルという器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します。
根管治療の治療の流れ
【6】 最後にセラミック製または金属製のクラウンで歯をかぶせて修復します。

治療後

治療歯の歯根が周囲の組織から栄養を得ている限り、健康な状態が維持できますが、ふたたび虫歯になる恐れもあります。
虫歯と歯周病の療法を予防するにも、しっかりとした歯磨きと定期的な検診が不可欠です。
この根管治療は患者さん自身も非常に重要な役割を担っているのです。

ページTOPへ
イチロー歯科/東京都板橋区常盤台3-24-13ホワイトクロス2F