板橋区 ときわ台 イチロー歯科 歯科 インプラント 審美歯科 ホワイトニング 入れ歯

入れ歯

入れ歯が合わない、噛めないという方に

現在の入れ歯には様々な種類、素材があり、患者さんの状況や、生活に合わせて使い分けることができます。
できる限り患者さんの状況に応じた入れ歯をご提供できるよう、患者さんのお話を聞きながら入れ歯を作成していきます。
まずは一度ご相談ください。

入れ歯の種類

  • 【素材名】 レンジ床義歯
  • 【適応】 保険
  • 【説明】 保険で作れる入れ歯です。
    安価で作ることができます。
    金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。
    また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度、
    味覚が感じにくくなりますが、
    慣れれば問題ないという患者様も多いです。

保険適用 約10.000円前後になります

レジン床義歯
  • 【素材名】 金属床義歯
  • 【適応】 自費
  • 【説明】 金属床は入れ歯の主要な部分を
    金属で作った入れ歯のことをいいます。
    レジン(プラスチック)に比べ丈夫な金属を使うので、
    しっかりと固定され、たわまない、
    丈夫な入れ歯を作ることが出来ます。
    また、食べ物の温度を瞬時に伝えることができ、
    食事を快適に楽しむことが出来ます。

治療費用 自費治療 チタン合金(フル):
 300.000円(税別);

チタン合金(パーシャル):330,00円(税別);
純チタン(フル):429,000円(税別);

レジン床義歯

ブリッジ

ブリッジ
抜けた歯がまだ1~2本くらいで、その前後に健全な歯がある場合は、その歯を利用して橋を渡すようにダミーの歯を作って噛めるようにするのがブリッジです。
メリットとしては、例えば奥歯に白い歯で入れたいなどの特別な要望以外は保険が適用できる為費用が安く済む事と、割とスピーディに形成できる事です。
逆にリスクとしては、ブリッジをするためには抜いた歯の前後の歯を支えにしてかぶせて固定するため、前後の歯を削らなければならなくなります。
前後の歯が健全歯の場合でも削る必要が出てくると言う事です。
当然削った部分は元には戻りませんから、リスクと言えばそうなのですが、そのリスクよりもメリットが大きいと判断された場合に行なう方法です。

ページTOPへ

ブリッジの種類

  • 【素材名】 硬質レジンブリッジ(裏側が金属)
  • 【適応】 保険
  • 【説明】 保険で作れるブリッジです。
    裏側は金属でできており、表面はプラスチックでできています。
    安価ですが、プラスチックなので割れることがあります。
硬質レジンブリッジ
  • 【素材名】 メタルボンド
  • 【適応】 自費
  • 【説明】 メタルボンドとは中身は金属で、
    外から見える部分にのみ
    セラミック(陶器)を貼り付けたものです。
    見た目がよく、強度もあるのでよく使用される素材です。
メタルボンド
  • 【素材名】 オールセラミック
  • 【適応】 自費
  • 【説明】 全体が白いセラミック素材のブリッジです。
    全体がセラミックのため、透明感があり自然の歯の色に近い素材です。
    素材がセラミックのため、欠けたりすることがないとは言えませんが
    最近はジルコニア等の強度の高い材料により、
    メタルボンドより壊れにくくなっています。
オールセラミック

 

ページTOPへ

バネの見えない入れ歯 スマートデンチャー

バネの見えない入れ歯 スマートデンチャー

部分入れ歯で、金属のバネが見えてお困りの方にはぜひお勧めです!!

  • 金属のバネが無いため、見た目が優れており、入れ歯と気付かれません。
  • 素材が薬事で承認されており、安全性が高く、安心して使用できます。
  • 身体に優しく、無味・無臭です。
  • 吸水性がほとんど無いため、汚れ・臭いの発生が少ない。装着時の違和感が少ない。

費用 自費治療 1歯~3歯 120,000円(税別)
4歯~14歯 160,000円(税別)

ページTOPへ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © イチロー歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.